JRおでかけネット JR西日本
Club J-WEST 規約集
規約集トップ >> JR西日本ネット予約(e5489)をご利用になるお客様にご覧いただく規約・特約
閉じる
JR西日本ネット予約(e5489)に関する規約

 西日本旅客鉄道株式会社(以下「当社」といいます)は、当社が運営するJR西日本ネット予約「e5489」(以下「本サービス」といいます)の「J-WESTネット会員規約」(以下「会員規約」といいます)に定めるJ-WESTネット会員(以下「会員」といいます)による利用について、以下のとおり「JR西日本ネット予約(e5489)に関する規約」(以下「本規約」といいます)を定めます。

(本規約の効力)
第1条 本規約は、本サービスの利用について、当社と会員に適用されるものとします。
2 会員は、本サービスを利用するにあたり、本規約を遵守するものとします。
3 本規約は、Club J-WESTメンバー規約(以下「メンバー規約」といいます)および会員規約に付属する規約であり、メンバー規約および会員規約と重複する条項については、本規約を優先します。また、会員が本サービスにより購入した乗車券類の効力等は、本規約に定める事項を除いて、別に定めるものによります。なお、本サービスの内容について、本規約に定めのない事項については、会員規約に定める「JRおでかけネット」等に掲示するものとします。
(注)別に定めるものの主なものには、旅客営業規則((昭和62年4月西日本旅客鉄道株式会社公告第3号)以下「旅客規則」といいます)があります。

(通知および同意の方法)
第2条 当社から会員への本サービスに関する通知(規約の改訂、サービスの追加、変更および廃止等を含みます。以下同じ)は、当社からの電子メールの送信、ホームページへの掲示、または印刷物の送付により行われるものとします。なお、当社は、必要に応じて電話または訪問によって通知を行う場合があります。
2 前項の通知が電子メールで行われる場合、通知する時点で会員が登録している電子メールアドレスに宛てたメールがメールサーバに到着した時点をもって通知が完了したものとみなします。
3 第1項の通知がホームページへの掲示によって行われる場合、当該通知が「JRおでかけネット」または本サービスのサイト上に掲示された時点をもって通知が完了したものとみなします。
4 第1項の通知が印刷物の送付によって行われる場合、通知する時点で会員が登録している住所に印刷物が到着した時点をもって通知が完了したものとみなします。
5 第2項および前項において、通知する時点で会員が登録している情報が不正確であった場合は、通常通知が到達すべき時点または当該通知がJRおでかけネットもしくは本サービスのサイト上に掲示された時点をもって通知が完了したものとみなします。
6 第1項の通知は、通知が完了した日をもって、会員が同通知に同意したものとみなします。

(JR西日本ネット予約「e5489」)
第3条 本サービスは、会員が、スマートフォンおよび携帯電話向けインターネットサービスを含むインターネット(以下「インターネット等」といいます)による申込みによって、第4条に規定する乗車券類を購入・変更・払いもどし(以下「予約等操作」といいます)ができるサービスです。

(予約等操作の対象となる乗車券類)
第4条 本サービスにより予約等操作のできる乗車券類は、サイト上でご案内している列車、区間、経路、座席種別等の範囲内で、以下の種類があります。
(1)指定席特急券
(2)自由席特急券
(3)グリーン券
(4)普通急行券
(5)座席指定券
(6)片道乗車券
(7)往復乗車券
(8)本サービスで取扱うと別に定めた特別企画乗車券
(注1)「片道乗車券」「往復乗車券」については、第1号〜第5号の乗車券類を購入する際のオプションとしてのみ購入可能で、単独での購入はできません。
(注2)第8号については、「片道乗車券」または「往復乗車券」と同時に購入する必要がある場合があります。
2 前項に定める乗車券類のうち、第8号については、別途定めた会員、条件により購入、利用を限定する場合があり、その対象となる会員、条件については、別に定めます。
3 前各項の規定に加えて、次の各号に該当する場合は、予約等操作の取扱いはできません。
(1)1度の予約等操作でおとな・こどもをあわせて6人を超える申込みをする場合
(2)1度の予約等操作で4個を超える列車の申込みをする場合(新幹線や在来線において2個以上の列車を乗り継ぐ場合に1個列車として料金を計算する場合もそれぞれを1個列車として計算します)
(3)証明書の呈示や割引証の提出が必要な乗車券類を購入する場合(ただし、第9条第5項に定める「駅決済」においては、当社の駅で取り扱い可能な場合があります)
(4)予約している座席を確保したままの区間の変更または一部行程の変更を行う場合
(5)指定券自動発売機または指定席券売機(以下、総称して「指定券自動発売機等」といいます)により発売できない乗車券類を購入する場合
(6)サイト上の「予約条件」でご案内している列車、区間、経路、座席種別等の取扱い条件の範囲外となる予約を行う場合

(予約等操作の方法)
第5条 本サービスによる予約等操作の方法は、インターネット等上において、当社が指定した方法によります。

(予約等操作の受付期間)
第6条 本サービスによる購入の申込み受付期間は、ご希望の列車(自由席を含みます。以下同じ)の乗車日1箇月前の日の午前10時から検索した行程の一番初めの列車の時刻表記載の発車時刻(以下「発車時刻」といいます)6分前までです。
2 本サービスによる変更の申込み受付期間は、前項に加えて、同一予約番号で予約された乗車券類のうち、指定席(グリーン車を含みます)を含む予約の場合は、予約した指定席の列車の中で一番初めに発車する列車の発車時刻までとなります。全て自由席の予約の場合は、有効期間開始日当日までとなります。
3 本サービスによる払いもどしの申込み受付期間は、同一予約番号で予約された乗車券類のうち、指定席(グリーン車を含みます)を含む予約の場合は、予約した指定席の列車の中で一番初めに発車する列車の発車時刻までとなります。全て自由席の予約の場合は、有効期間開始日当日までとなります。
4 予約等操作における申込みおよび第19条における事前申込みとその取消は操作完了をもって申込みとし、操作途中は申込みではありません。
5 特別企画乗車券により前各項に加えて制限のある場合は、それに従うものとします。

(予約等操作の受付時間)
第7条 本サービスによる予約等操作の申込み受付時間は、前条に定める期間内において、メンテナンス等のためのシステム停止時間を除き、午前5時30分から23時30分までです。

(予約等操作の申込みに対する回答および回答時間)
第8条 会員の予約等操作の申込みに対して当社からの回答は、インターネット等端末の画面上または電子メールにて行います。
2 予約等操作の申込みに対する回答に際しては、決済内容および「予約番号」等をお知らせします。
3 会員は、予約等操作の申込み後、当社からの回答が得られない場合は、当社e5489サポートダイヤル(以下「サポートダイヤル」といいます)まで電話連絡をし、サポートダイヤルの指示に応じるものとします。
4 予約等操作の申込みに対する回答時間は午前5時30分から23時30分までです。ただし、メンテナンス等のためのシステム停止時間は除きます。
5 第9条に定める「コンビニ等決済」において、23時30分以降に決済した予約に対する回答時間は午前4時30分以降となります。ただし、メンテナンス等のために回答時間が午前5時以降となることがあります。

(支払手段)
第9条 本サービスにおける支払手段は、会員が事前にクレジットカード番号を登録のうえ、インターネット等での列車申込時にご指定のクレジットカードにより当社が指定する支払方法にて決済を行う方法(以下「クレジット決済」といいます)、インターネット等での列車の申込完了後、別に定めるコンビニエンスストア・金融機関等(以下「コンビニ等」といいます)で別に定める期限までに決済する方法(以下「コンビニ等決済」といいます)、およびインターネット等での列車の申込完了後別に定める期限までに駅で決済する方法(以下「駅決済」といいます)があります。
2 「クレジット決済」の場合、会員は別に指定された方法により、事前にクレジットカード番号を登録のうえ、購入・変更の都度セキュリティコードの入力が必要となる場合があります。その際に登録できるクレジットカードは、次の各号に定める表示のあるカードで、会員本人名義のものに限り、クレジットカードの使用については各カード会社が定める規約等に従うものとします。
(1)J-WEST CARD
(2)JCB
(3)UFJ
(4)MUFG CARD
(5)AMERICAN EXPRESS
(6)VISA
(7)UC
(8)MasterCard
(9)Diners Club
(10)DC
(注1)「JRカード」で上記の表示があるカードは登録できます。ただし、上記表示会社のクレジットカードとして取扱います。
(注2)「J-WESTカード」の場合、セキュリティコードの入力を省略することがあります。
3 「クレジット決済」の場合、会員はインターネット等での列車申込み時に当該支払手段を選択のうえ予約等操作が完了した際には、ご指定のクレジットカードにより当社が指定する支払方法にて決済を行います。
4 「コンビニ等決済」の場合、会員はインターネット等での列車申込み時に当該支払手段を選択のうえ、別に定める期限までにコンビニ等で決済を行います。なお、支払は現金による取扱いに限ります。
5 「駅決済」の場合、会員はインターネット等での列車申込み時に当該支払手段を選択のうえ、別に定める期限までに、当社、四国旅客鉄道株式会社(以下「JR四国」といいます)、九州旅客鉄道株式会社(以下「JR九州」といいます)の主な駅の「みどりの窓口」または「指定券自動発売機等」で決済を行います。
6 取扱いする商品、予約されるエリア、期間、その他各種条件等によって、支払手段を限定する場合があります。
7 支払手段の変更について、「コンビニ等決済」「駅決済」から「クレジット決済」への変更はできません。また「コンビニ等決済」「駅決済」間相互の支払手段の変更についても制限する場合があります。

(契約の成立等)
第10条 本サービスの会員の予約等操作の申込みにおける、会員と当社間の運送契約の成立については、以下の時点とします。
(1)「クレジット決済」時は、インターネット等端末の画面で予約等が完了した旨を表示した時点、または会員が登録している電子メールアドレスのメールサーバに決済内容および「予約番号」等をお知らせした電子メールが到着した時点のいずれかの場合。
(2)「コンビニ等決済」時は、会員がコンビニ等で決済後、会員が登録している電子メールアドレスのメールサーバに決済内容等をお知らせした電子メールが到着した時点。
(3)「駅決済」時は、会員が駅で決済後第12条の定めにより乗車券類を受取った時点。
2 前項において、会員の登録する電子メールアドレスが不正確であった場合、またはメールサーバ障害が発生していた場合、このために電子メールの到着が遅れ、または到着しなくとも、当社は通常に到着すべきときに到着したものとみなします。
3 会員がインターネット等での列車申込み後、第1項第2号および第3号で予約した予約において、別に定めた期限までに運送契約が成立しなかった場合、当社は予告なしに当該予約を取り消しします。

(契約成立後の乗車券類の取扱い)
第11条 会員が本サービスにより購入、変更した乗車券類は、第20条に規定する乗車券類を除いて、第12条に定める方法により必ず予約した列車の発車時刻までに受け取ってから使用することとします。

(乗車券類の受取方法)
第12条 本サービスにより購入した乗車券類は、「5489サービス」表示のある当社、JR四国、JR九州の主な駅の「みどりの窓口」または「指定券自動発売機等」および東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」といいます)の一部区間(北陸新幹線の各駅および東京都区内の各駅)の「みどりの窓口」または「指定券自動発売機」(東海旅客鉄道株式会社を含む予約を除きます)で当社が別に定める方法により受取りできます。ただし、第4条第1項第8号に定める「本サービスで取扱うと別に定めた特別企画乗車券」の受取方法については、「JRおでかけネット」に掲示します。

2 前項による受取りを行う際、「クレジット決済」の場合は、予約等操作時に指定したクレジットカードおよびインターネット等端末の画面または電子メールにより回答した「予約番号」が必要です。また、指定券自動発売機等による受取りの場合は、前述に加えて予約等操作時に「メンバー規約により登録した電話番号下4桁」が必要です。なお、受取りは会員本人に限ります。
3 前々項による受取りを行う際、「コンビニ等決済」、「駅決済」の場合は予約等操作時にインターネット等端末の画面により回答した「受取コード」または「受取用QRコード」および予約等操作時に「メンバー規約により登録した電話番号」が必要です。

(乗車券類の受取時間および受取期間)
第13条 乗車券類の受取時間は、みどりの窓口での受取りの場合は午前4時30分から23時30分の間の当該窓口の営業時間内、指定券自動発売機等での受取りの場合は午前4時30分から23時20分の間の当該指定券自動発売機等の稼動時間内です。
2 本サービスにより購入した乗車券類は、有効期間開始日当日まで受取りできます。有効期間開始日の翌日以降は受取りできません。

(乗車券類の変更)
第14条 本サービスにより購入した第4条第1項第1〜7号に規定する乗車券類は、同一予約番号で予約された乗車券類毎に以下の定めにより変更の取扱いを行います。ただし、変更により人数が減少する場合であって、同一予約等操作で生じる減員分について、および同一予約番号で予約された乗車券類のうち一部乗車券類を取消す場合であって、当該取消乗車券類については、第15条に定める払いもどしの取扱いとなります。
2 変更は決済方法および乗車券類の受取りの前後で、以下のとおり取扱いが異なります。
(1)受取り前
@クレジット決済の場合
インターネット等端末で取扱います。ただし、システム障害時およびインターネット等端末によることができない変更に限り、サポートダイヤルで取扱います。この場合、以後のインターネット等端末での予約等操作はできません。なお、同一予約番号で予約された乗車券類において、旅客規則に定める範囲内かつ第6条に定める範囲内で受付可能な列車に対して、同一人員数(おとな、こどもそれぞれの人数)、乗車券類毎における同一区間、同一乗継駅、同一経路、同一列車種別となる変更に限り、1回(同一予約番号で予約された乗車券類のうち一部乗車券類のみを変更する場合も含みます)に限り取扱います。ただし、自由席への変更(自由席から自由席への変更を含みます)および同一列車への変更は取扱いません。また受取り前に変更を行った場合、受取り後に再度変更を行うことはできません。
Aコンビニ等決済および駅決済の場合
乗車券類を受取り後、第9条第5項に定める駅の窓口で変更の取扱いをします。(インターネット等端末による変更操作はできません。)
(2)受取り後
決済方法にかかわらず、当社が定める窓口で取扱います。この際、「クレジット決済」の場合は予約等操作時に会員が指定したクレジットカードが必要です。なお、受取り後の変更およびサポートダイヤルでの変更の取扱いは、前項および前号に加え、旅客規則の定めによります。
3 変更の際の過不足金の精算は、「クレジット決済」の場合はクレジット口座からの引き落としまたはクレジット口座への返金により行い、現金による取扱いはいたしません。また、「コンビニ等決済」および「駅決済」の場合は、駅で現金による返金の取扱いをいたします。
4 本サービスにより購入した第4条第1項第8号に規定する乗車券類の変更の取扱いについて、前各項に加えて取扱いにおける制限のある場合は、それに従うものとします。

(乗車券類の払いもどし)
第15条 本サービスにより購入した第4条第1項第1〜7号に規定する乗車券類は、同一予約番号で予約された乗車券類毎に以下の定めにより払いもどしの取扱いを行います。
2 払いもどしは乗車券類の受取り前後の別および決済方法により、以下のとおり、取扱いが異なります。
(1)受取り前
@「クレジット決済」および「コンビニ等決済」の場合
第6条第3項に定める期間内で受付可能な予約に対してのみ、インターネット等端末で取扱います。ただし、システム障害時およびインターネット等端末によることができない払いもどしに限り、サポートダイヤルで取扱います。なお、複数人数分予約した場合でその一部のみ払いもどしする場合、および同一予約番号で予約された乗車券類において一部行程のみ払いもどしする場合等、インターネット等端末で払いもどしの取扱いができない場合があります。この際、「クレジット決済」の場合は会員がサポートダイヤルまで電話連絡のうえで、その指示に応じるものとし、「コンビニ等決済」の場合は第9条第5項に定める駅で乗車券類を受取りののちに駅の窓口で取扱います。(以後のインターネット等端末による予約等操作はできません。)
A「駅決済」の場合
第9条第5項に定める駅で乗車券類を受取り後、次号の定めによります。
(2)受取り後
駅の窓口で取扱います。なお「クレジット決済」の場合当社が定めるクレジットカード取扱い窓口で取扱います。この際、予約等操作時に会員が指定したクレジットカードが必要です。
3 払いもどしの取扱い、手数料等については、前項に加え、旅客規則の定めによります。
4 払いもどしの際の精算は、「クレジット決済」の場合クレジット口座への返金により行い、現金による取扱いはいたしません。「コンビニ等決済」で乗車券類の受取り前の場合、会員に別途ご指定いただいた銀行口座、または「JRおでかけネット」で定める払いもどし箇所にて現金で払いもどしし、乗車券類の受取り後の場合は駅にて現金で払いもどしいたします。なお、「駅決済」の場合は駅にて払いもどしいたします。
5 本サービスにより購入した第4条第1項第8号に規定する乗車券類の払いもどしの取扱いについて、前各項に加えて制限のある場合は、それに従うものとします。
6 会員からサポートダイヤルへ連絡または当社の主な駅に申し出のあった場合は、受取りのできなかった乗車券類のうち、その時点において有効期間の残っている乗車券類について、発売額から別に定める払いもどし手数料を差し引いた残額を払いもどします。

(特典)
第16条 本サービスにより購入した第4条第1項第1号〜7号に規定する乗車券類のうち、同一予約番号で予約された全ての乗車券類が途中経路も含め当社、JR九州、JR四国エリアおよびJR東日本の一部エリアで完結となる区間を予約する場合、以後の乗車券類受取り前のインターネット等端末による変更および払いもどしは前2条によらず第17条および第18条の定めにより取扱います。(以下、該当する同一予約番号で予約された内容を「特典あり予約」といいます。)ただし、「コンビニ等決済」、「駅決済」での取扱いは、第18条のみ適用となります。
2 特典あり予約ではない予約を変更する場合、変更後の区間が特典あり予約の対象であっても特典あり予約とはなりません。

(特典あり予約の変更)
第17条 特典あり予約は、同一予約番号で予約された乗車券類毎に以下の定めにより変更の取扱いを行います。
2 変更は乗車券類の受取りの前後で、以下のとおり、取扱いが異なります。
(1)受取り前の変更は、インターネット等端末で取扱います。ただし、システム障害時およびインターネット等端末によることができない変更に限り、サポートダイヤルで取扱います。この場合、第14条により取扱うこととし、以後のインターネット等端末での予約等操作はできません。
(2)インターネット等端末による変更は、変更後の予約が特典あり予約の対象となる場合および第4条第1項第8号(別に定めるものを除きます)に規定する乗車券類となる場合に限り、初回購入日から3箇月後の同一日の前日まで(3箇月後に購入日と同一日がない場合は3箇月後の末日まで)を限度として第6条に定める範囲内で受付可能な列車に対して、列車、区間、および座席種別等を何度でも変更できます。ただし、運賃・料金改定等に伴い、インターネット等上において別に定める場合があります。また、ご指定のクレジットカードにより変更の回数に制限がある場合があります。
(3)インターネット等端末による変更は、同一予約番号で予約された乗車券類のうち、複数人数分を予約した場合で、その一部のみの列車、区間等の変更の取扱いはできません。
(4)インターネット等端末で変更する際、人数が減少する場合であって、同一予約等操作で生じる減員分について、および第4条第1項第6号、第7号に規定する乗車券類を取消す変更については、第18条に定める払いもどしの取扱いとなります。また、「おとな」「こども」間の変更については、旅客規則の定めにより、一旦払いもどしを行ったのち、新規購入することとなります。この場合の払いもどしは第18条によります。
(5)インターネット等端末で変更する際、人数の増加や乗車券類の増加等の場合であって、インターネット等上において当社が別に定める期間の場合、変更操作として取扱わないことがあります。
(6)受取り前で特典あり予約を変更する場合で変更後の予約が特典あり予約および第4条第1項第8号(別に定めるものを除きます)に規定する乗車券類の対象とならない場合の以後の変更、ならびに受取り後の変更は、第14条により取扱います。
3 変更の際の過不足金の精算はクレジット口座からの引き落としまたはクレジット口座への返金により行い、現金による取扱いはいたしません。

(特典あり予約の払いもどし)
第18条 特典あり予約は、同一予約番号で予約された乗車券類毎に以下の定めにより払いもどしの取扱いを行います。
2 払いもどしは乗車券類の受取りの前後で以下のとおり、取扱いが異なります。
(1)受取り前の払いもどしは、インターネット等端末で取扱います。ただし、システム障害時およびインターネット等端末によることができない払いもどしに限り、サポートダイヤルで取扱います。この場合、第15条により取扱います。
(2)インターネット等端末による払いもどしは、第6条に定める範囲内で受付可能な予約に対して行うことができます。この場合の払いもどし手数料は、第4条第1項第1〜5号については、枚数にかかわらず一人あたりの取扱いとし、別に定めます。また、同条同項第6号および第7号については、旅客規則の定めによります。
(3)複数人数分を予約した場合でその一部のみ払いもどしする場合、および同一予約番号で予約された乗車券類において一部行程のみ払いもどしする場合等、インターネット等端末で払いもどしの取扱いができない場合には、サポートダイヤルまで電話連絡をし、その指示に応じるものとします。なお、この場合の払いもどしは第15条により取扱い、以後のインターネット等端末による予約等操作はできません。
(4)受取り後の払いもどしは第15条により取扱います。

(事前申込み)
第19条 第4条第1項第1〜7号に規定する乗車券類、ならびに第8号のうち別途定める乗車券類については、別に定める期間において、旅客規則に定める発売日よりも前に購入の申込み(以下「事前申込み」といいます)を行うことができます。ただし、事前申込みの停止期間を当社が別に定める場合があります。また、乗車日あたりの事前申込みの件数には限りがあります。
2 本サービスによる事前申込みの方法は、インターネット等上において、当社が指定した方法により、「クレジット決済」の場合に限り取り扱います。
3 当社は会員が事前申込みを行った場合、インターネット等端末の画面上または電子メールによって、事前申込みを受け付けた旨の回答を行います。
4 当社はご希望の列車の乗車日の1箇月前の午前10時に、事前申込みの内容について予約等操作があったものとして自動的に手続きを行います。
5 手続きが完了した際に、ご指定のクレジットカードにより決済を行います。
6 事前申込みに対する当社からの回答は、予約の成立不成立にかかわらずご希望の列車の乗車日1箇月前の午前10時以降順次電子メールにて行い、同時にインターネット等端末の画面上で確認できる状態にすることで行います。
7 事前申込みに対する回答時間は、前項における範囲内で、午前5時30分から23時30分までです。ただし、メンテナンス等のためのシステム停止時間は除きます。
8 事前申込みについて、会員が登録している電子メールアドレスのメールサーバに決済内容および「予約番号」等をお知らせした電子メールが到着したこと、またはインターネット等端末の画面上で決済内容および「予約番号」等を確認できる状態となったことのいずれかの場合をもって、会員と当社の間で運送契約の成立がなされたものとします。
9 第3項および第6項において、会員の登録する電子メールアドレスが不正確であった場合、またはメールサーバ障害が発生している場合、このために電子メールの到着が遅れ、または到着しなくとも、当社は通常に到着すべきときに到着したものとみなします。
10 会員は事前申込み後、第3項および第6項に定める当社からの回答が得られない場合は、サポートダイヤルまで電話連絡をし、サポートダイヤルの指示に応じるものとします。
11 事前申込みの取消は、会員が事前申込みを行ってからご希望の列車の乗車日の1箇月前の午前10時に達するまでの間に無手数料で行うことができます。ご希望の列車の乗車日の1箇月前の午前10時以降の取消は、第15条または第18条に定める払いもどしの取扱いとなります。
12 第4条第1項第8号に規定する乗車券類の事前申込みの取扱いについては別に定めます。

(チケットレスサービス)
第20条 チケットレスサービスとは、インターネット等により決済のうえ、当社システムからインターネット等を介して提示する予約情報について、当社が指定した画面を携帯電話へ保存し、またはスマートフォンへ表示し、または印刷物として所持することでその内容が確認できるもの(以下「チケットレス情報」といいます)として保持することにより、駅の「みどりの窓口」等できっぷを受け取ることなく、当該指定席に乗車できるサービスです。なお、本サービスにより購入・変更した申込結果を知らせる電子メールは、チケットレス情報ではありません。
2 本サービスの対象となる商品は、第4条第1項第8号のうち別途定める乗車券類とします。
3 本サービスは、予約された会員本人に限り利用できるサービスです。ただし会員本人および会員本人と同一行程(同一日、同一区間、同一列車、同一設備、同一号車)で旅行する同行者が利用する限り、複数人数分を予約することができます。
4 本サービスによる購入の申込受付期間は、ご希望の列車(この条に限り自由席は除きます)の検索した行程の一番初めの列車の発車時刻2分前までとなります。
5 予約等操作における申込みは操作完了をもって申込みとし、操作途中は申込みではありません。
6 チケットレスサービスを利用する際は、旅行終了時までチケットレス情報および決済に利用したクレジットカードを携行するものとします。
7 列車内において、当社またはJR四国の係員(以下「当社等係員」といいます)は、いつでもチケットレス情報および決済に利用したクレジットカードの呈示を請求することができるものとし、当社等係員が呈示を求めた際、会員は速やかにこれに応じるものとします。
8 当社等係員が呈示を求めた際、当該チケットレス情報の確認ができない場合は、会員自身によるインターネット等端末でのシステム内の予約情報の呈示を求める場合があります。この際の通信費等は会員が負担するものとします。予約情報を確認できない場合は、当該チケットレス情報を無効とし、所定の料金を収受する場合があります。不正使用と認められる場合は、第14項および旅客規則の定めにより取扱います。
9 会員は予約等操作により申し込んだチケットレスサービスの当該指定列車の指定席に限り利用できることとします。当該指定列車の指定席以外は、当該指定列車およびその他の列車の自由席を含め、料金を必要とする列車・座席には一切乗車することはできません。
10 予約情報については、当社システム内に記録される最新のデータが唯一正当なものであり、効力を有するものとします。会員が呈示するチケットレス情報がその予約情報と一致しない場合、または会員が一致することを証明できない場合には、当社およびJR四国は別途、旅客規則に定める料金を現金で収受します。不正使用と認められる場合は、第14項および旅客規則の定めにより取扱います。
11 携帯電話またはスマートフォンの故障、または印刷物の紛失等により、チケットレス情報を呈示できない場合等は、第12条および第13条により乗車券類として受取ったうえで乗車することができます。
12 第12条および第13条により乗車券類として受取りを行った場合、会員が携帯電話への保存または印刷物として保持するチケットレス情報は会員の責任により廃棄または消去するものとします。
13 変更、払いもどし等その他の条件は、第14条、第15条、および特別企画乗車券により加えて制限のある場合はそれに従うものとし、効力を失ったチケットレス情報は、会員の責任により廃棄または消去するものとします。
14 会員がチケットレス情報を複製、改ざんするなど不正に使用した場合、または第12項および第13項に定める廃棄もしくは消去すべきチケットレス情報を不正に使用した場合には、当社およびJR四国は、本運送契約に基づく旅客運送請求権を無効とし、乗車区間および利用設備に対する料金とその2倍に相当する増料金を収受します。また、事前に通知することなく、直ちに当該カード会員の本サービスの利用を中断または将来に向かって取消すことができるものとします。

(列車の運行不能・遅延等の場合の取扱い)
第21条 列車の運行不能・遅延等により、本サービスにより購入した乗車券類の無手数料払いもどしを行う場合があります。運行不能の場合は、ご予約のきっぷを会員自身で払いもどし・発券等操作を行わないことで、翌日以降に無手数料で乗車券類を払いもどしのうえ、メール等で連絡いたします。なお、通知については第2条の定めによります。ただし、列車の運行状況にかかわらず、会員自身でインターネット等により払いもどし操作を行った場合は、手数料を収受したうえでの払いもどしの取扱いとなります。また、列車の遅延等の場合は、当社が定める駅の窓口にお申し出いただくか、またはサポートダイヤルに連絡することとします。

(システム障害の取扱い)
第22条 システム障害により、本サービスにより購入した乗車券類の受取りができない場合は、新たに運賃・料金を収受し乗車券類を購入していただく場合があります。

(サービスの中止)
第23条 当社はメンテナンス等のためのシステム停止時間については、インターネット等においてご案内するものとします。ただし、やむを得ない場合はこの限りではありません。
2 当社は、メンバー規約に定める範囲内以外の場合にも、会員に通知することなく、本サービスの一部または全部を変更、追加、中止または廃止することがあります。

(サービスの利用環境等)
第24条 会員は、本サービスを受けるために必要となる適切な機器・ソフトウェア等(以下「利用設備等」といいます)を自らの責任と負担において設置し使用するものとします。
2 利用設備等の機種、ブラウザ、バージョン等により、本サービスの機能が正しく作動しない場合があります。
3 利用設備等により、本サービスの機能が正しく作動しない場合、およびそれがもたらす諸影響に関して、当社は一切の責任を負いません。
4 会員が予約等操作を行う際のインターネット等への接続および会員が登録した電子メールアドレスに対して当社から電子メールが送信される際に伴う受信、サポートダイヤルへの連絡等に生じる通信費等、必要な費用については、会員が自らの責任において負担するものとします。

(クレジットカードの利用拒否)
第25条 会員が「クレジット決済」に使用するクレジットカードが、既に利用限度額を超えて使用している場合等、何らかの理由によりクレジットカード会社から拒否された場合は、本サービスで「クレジット決済」を利用することはできません。

(コンビニ等決済、駅決済における予約数制限)
第26条 「コンビニ等決済」および「駅決済」の場合、決済前の同時予約可能件数はメンバー規約に基づく「J-WEST ID」ごとに別途定める件数に制限されます。

(会員情報の使用)
第27条 当社は、会員情報および本サービスを会員が利用する過程において知り得た会員に関する情報(購入履歴およびサーバー通信履歴や、本サービスに必要な追加的情報(電子メールアドレス等))を、本サービスおよび関連サービス提供のために使用します。
2 当社は、前項に規定する会員に関する情報については、本サービス提供のため、JR九州、JR四国、JR東日本および代金収納代行事務、送金事務を委託するウェルネット株式会社へ提供する場合があり、会員はこれに同意します。
3 前各項に加え、第1項に規定する会員に関する情報は、メンバー規約および会員規約の定めるところにより取扱います。

(会員の義務)
第28条 会員は本サービスの利用にあたり、メンバー規約および会員規約に定める事項に加え、以下の項目について遵守するものとします。
(1)会員は本サービスを利用する際に、法令、インターネット利用の一般的なマナーおよび技術的ルールを遵守します。
(2)会員が本サービスを利用する際に使用できるIDおよびパスワードは、一人につき1つのみとし、一人が複数のIDおよびパスワードを所持する場合であったとしても、それらを同時に使用して本サービスを利用することはできません。
(3)会員は、本サービスに関連して当社または第三者に迷惑、不利益を与える恐れのある行為、本サービスに支障をきたす恐れのある行為、法令・本規約等に違反する恐れのある行為等を行ってはいけません。
(4)会員は、本サービスを利用して購入した乗車券類の一部または全部を、直接的・間接的を問わず、営利目的で転売または換金等行為を試みたり、または実行したりしてはいけません。(旅行業法に定める取次行為を含みます。)
(5)会員は、その一部または全部を自らは使用せず、転売または換金等の目的において、相当と認められる数量または頻度を超えて、本規約に定めるサービスを利用して乗車券類を購入してはいけません。
(6)会員は、本規約に定める事項を遵守し、また当社が不適切と判断する行為を行ってはいけません。
2 会員が前項に定めた義務を果たさない場合、当社は事前に通知することなく、直ちに当該会員の資格を中断または将来に向かって取消すことができるものとします。

(会員の責任、当社の免責等)
第29条 会員は自らの行為であるか否かにかかわらず、また過失の有無にかかわらず、本サービスの利用にあたり自らのIDによりなされた一切の行為および結果について、一切の責任を負うものとし、第三者に損害を与えた場合、自己の責任と負担において当該第三者との紛争を解決するものとします。
2 当社、JR九州、JR四国およびJR東日本は、本サービスに関して、メンバー規約および会員規約に定める事項に加え、以下の項目に該当する内容について、当社、JR九州、JR四国およびJR東日本では一切の責任を負いません。
(1)会員情報の内容に事実と異なる内容(誤記、記入漏れ等を含む)があったことにより、会員または第三者が被った不利益。
(2)当社が本サービス(システムを含む)の中断、変更、終了等または会員からの本サービスへのアクセス制限を行ったことにより会員または第三者が被った不利益。
(3)会員の利用設備等、その機種、ブラウザおよびバージョンなどの環境設定、ならびに通信状況等に何らかの問題がある場合等に会員または第三者が被った不利益。
(4)サポートダイヤルの電話番号、受付時間等の変更により会員または第三者が被った不利益。
(5)当社が相当の安全対策を講じていたにもかかわらず、通信経路において、盗聴等がなされたことによりID、パスワードその他取引情報が漏洩したときに、会員または第三者が被った不利益。
(6)当社が相当の対策を講じていたにもかかわらず、駆除できずに当社から送信された電子メールに付随していたウィルス、または当社が世間一般に送信される容量として妥当と判断したにもかかわらず、結果として会員の携帯電話またはスマートフォンまたはパソコンの受信容量を超過した、当社から送信された電子メールにより会員または第三者が被った不利益。
(7)その他、当社が相当の注意を払ったにもかかわらず、本サービスによって会員または第三者が被った不利益。
3 会員が本規約に違反して当社、JR九州、JR四国またはJR東日本に損害を与えた場合、当社、JR九州、JR四国またはJR東日本は被った全ての損害の賠償を当該会員に請求し、当該会員はこれに応じるものとします。

(本規約の変更)
第30条 当社は、事前に会員に通知することなく本規約の内容について必要に応じて変更する場合があります。内容変更後は、変更後の内容のみ有効とします。本規約を変更した場合、会員が変更後に本サービスもしくは付帯するサービスのいずれかを利用したことをもって、または当社から会員に通知を行う場合でその通知が完了した日をもって、会員は変更後の本規約に同意したものとみなします。
2 当社、JR九州、JR四国およびJR東日本は、前項の変更に起因して、会員または第三者が被った不利益については、一切の責任を負いません。

(本規約に定めのない事項)
第31条 本規約に定めのない事項については、メンバー規約および会員規約の定めによります。
このウィンドウを閉じる

COPYRIGHT WEST JAPAN RAILWAY COMPANY ALL RIGHTS RESERVED.