JR西日本

JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION相关条款

JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION相关条款

JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION相关条款

西日本旅客铁道株式会社(以下称为“本公司”)就本公司所运营的JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION(以下称为“本服务”)使用相关事宜,规定如下“JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION相关条款”(以下称为“本条款”)。

(本条款效力)
第1条 本条款适用于本服务使用相关的本公司及使用者。2 使用者在使用本服务时,应遵守本条款规定。
3 针对使用者通过本服务购买的乘坐票类效力等,除本条款规定之事项外,均以另行规定事项为准。此外,本条款中关于本服务内容的未尽事宜以JR-Odekake.Net及JR西日本网站等(以下称为“网站等”)刊载内容为准。

(注)另行规定事项的主要内容包括旅客营业规则((1987年4月西日本旅客铁道株式会社公告第3号)以下称为“旅客规则”),且刊载于网站等。

(通知及同意方法)
第2条 本公司通过发送电子邮件、网站等刊载向使用者发布本服务相关通知(含条款修订、服务新增、变更及废止等。下同)。

2 通过电子邮件发布前款通知时,邮件按照使用者在通知时间点指定的电子邮箱送达邮件服务器时视为通知完成。

3 通过网站等刊载发布第1款所述通知时,在相关通知刊载于网站等或本服务相关网站时视为通知完成。

4 在第2款中,若通知时间点发现使用者所指定的信息有误,则在一般情况下通知应送达时、亦或相关通知刊载于网站等或本服务相关网站时视为通知完成。
5 第1款通知完成之日视为使用者同意相关通知。

(时间及货币)
第3条 本条款及本服务所述年月日及时间以日本标准时间为准,用于标示金额的货币为日元。
2. 本服务中运输合同签订、变更、解约相关信用卡结算所需汇率、汇率兑换日及信用卡公司规定的汇率兑换手续费等以使用者与信用卡公司间签订的合同为准。

(JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION )
第4条 本服务是一种使用者通过互联网申请,即可办理第5条规定之乘坐票类购票、变更、退票(以下称为“预约等操作”)手续的服务。

(预约等操作的对象乘坐票类)
第5条 在网站刊载的列车、区间、路线、座位种类等范围内,通过本服务可进行预约等操作的乘坐票类包括以下种类。
(1)对号入座(指定席)特快票
(2)不指定座位(自由席)特快票
(3)一等座(グリーン車)票
(4)普通快速票
(5)对号入座票
(6)单程乘坐票
(7)往返乘坐票
(8)另外规定本服务提供的特别企划乘坐票
(注1)“单程乘坐票”、“往返乘坐票”仅限在购买第1项~第5项乘坐票类时可选购,无法单独购票。
(注2)第8项可能需要同时购买“单程乘坐票”或“往返乘坐票”。
2 前款所规定的乘坐票类中,第8项可能存在根据条件限制购票、使用的情况,相关条件另行规定。
3 除前述各款规定外,符合下述各项情况时不接受进行预约等操作。

(1)一次预约等操作中,大人及儿童申请总人数超过6人时
(2)一次预约等操作中,申请列车超过4趟时(含新干线、在来线在内转乘超过2趟列车,但视为1趟列车计算票价时,亦分别作为1趟列车计算)
(3)购买需出示优惠证的乘坐票类时(但是,根据第10条第4款规定“车站结算”、且根据第13条规定在本公司车站办理乘坐票类取票手续的乘坐票类,则可能接受购票)

(4)在保留有预约座位的情况下,办理区间变更或部分行程变更时
(5)购买无法通过对号入座票自动售票机及或对号入座票售票机(以下统称为“对号入座票自动售票机”)出票的乘坐票类时
(6)预约超过网站“预约条件”规定的列车、区间、路线、座位种类等条件范围时

(预约等操作方法)
第6条 本服务预约等操作方法以通过网站等由本公司指定的方法为准。

(预约等操作受理期限)
第7条 本服务购票申请受理期限为所希望乘坐列车(含不指定座位(自由席)。下同)的乘车日1个月前之日的上午10点起搜索行程中最早一趟列车时刻表记载之发车时刻(以下称为“发车时刻”)6分钟前。
2 在前款规定基础上,通过相同预订编号预约的乘坐票类中,含对号入座(指定席)(含一等座)预约时,则本服务变更申请期限为预约对号入座列车(指定席)中最早发车列车的发车时刻。均为不指定座位(自由席)预约时,则截止有效期限开始日当天。
3 通过相同预订编号预约的乘坐票类中,含对号入座(指定席)(含一等座)预约时,则本服务退票申请期限为预约对号入座(指定席)列车中最早发车列车的发车时刻。均为不指定座位(自由席)预约时,则截止有效期限开始日当天。
4 预约等操作中申请及其取消,操作完成视为申请,而操作过程中不算申请。

5 根据第5条第1款第8项规定,除前述各款规定外,存在限制时则以该限制为准。

(预约等操作受理时间)
第8条 除因维护等原因导致系统暂停时间外,本服务预约等操作申请受理时间为前条规定期限内上午5点30分至23点30分。

(预约等操作申请相关回复及回复时间)
第9条 针对使用者预约等操作申请,本公司将通过互联网终端设备画面或电子邮件发送回复。
2 在预约等操作申请相关回复中,将通知结算内容及“预订编号”等。
3 使用者在提交预约等操作申请后,未得到本公司回复时,请通过邮件咨询本公司客服中心(以下称为“客服中心”),并以客服中心指示为准。
(注1)客服中心咨询语言为英语。
(注2)客服中心仅接受邮件咨询,回复需等待一段时间。

4 预约等操作申请相关回复时间为上午5点30分至23点30分。但是,除因维护等原因导致系统暂停时间除外。

(支付方式)
第10条 本服务支付方式包括使用者通过互联网申请列车时输入信用卡卡号,按照本公司指定支付方式进行结算的方式(以下称为“信用卡结算”);以及使用者通过互联网申请列车后,在另行规定期限前前往车站结算的方法(以下称为“车站结算”)。
(注1)含对号入座(指定席)在内的预约不接受“车站结算”。
(注2)选择“车站结算”时,第13条所规定的乘坐票类取票方式存在限制。

2 若选择“信用卡结算”,使用者需在每次购票、变更时输入信用卡卡号及安全码。
此时可使用的信用卡仅限有下述卡片标识、且为使用者本人名义的信用卡,信用卡使用遵守各信用卡公司制定的条款等规定。
(1)JCB
(2)UFJ
(3)MUFG CARD
(4)AMERICAN EXPRESS
(5)VISA
(6)UC
(7)MasterCard
(8)Diners Club
(9)DC

(注)可使用有上述标识的“JR联名卡”及“J-WEST CARD”。但是,将作为上述标识公司的信用卡处理。

3 若选择“信用卡结算”,则在使用者通过互联网申请列车并选择该支付方式后完成预约等操作时,根据本公司指定的支付方式通过指定信用卡结算。

4 若选择“车站结算”,则使用者通过互联网申请列车并选择该支付方式后,在另行规定的期限内,于本公司、四国旅客铁道株式会社(以下称为“JR四国”)、九州旅客铁道株式会社(以下称为“JR九州”)主要车站的“JR窗口(绿色窗口)”或“对号入座票自动售票机等”以及东海旅客铁道株式会社(以下称为“JR东海”)主要车站的“售票处”或“对号入座票自动售票机等”(仅限含JR东海区间的预约)进行结算。
此外,通过对号入座票自动售票机等进行结算时,仅限使用现金交易。


5 根据销售商品、预约地区、期限及其他各类条件,可能存在限制支付方式的情况。
6 支付方式无法从“车站结算”变更为“信用卡结算”。

(合同成立等)
第11条 本服务使用者预约等操作申请中,使用者与本公司间运输合同成立之时间点如下所示。
(1)若选择“信用卡结算”,则为互联网终端设备画面显示完成预约等时、或通知结算内容及“预订编号”等的电子邮件送达使用者指定的邮箱服务器时中的时间点。

(2)若选择“车站结算”,则为使用者于车站完成结算后,根据第13条规定领取乘坐票类时。
2 前款中由于使用者指定的电子邮件地址有误、或邮箱服务器发生故障,导致电子邮件送达延迟或无法送达时,本公司将以在一般情况下通知应送达的时间点视为通知已送达。

3 使用者通过互联网申请列车后,根据第1款第2项预约的预约中,在另行规定的期限内运输合同未成立时,则公司将在不经事先通知的情况下取消该预约。

(合同成立后的乘坐票类处理)
第12条 使用者通过本服务购买、变更的乘坐票类,必须在预约列车发车时刻前,根据第13条规定的方法办理取票并使用。

(乘坐票类取票方式)
第13条 通过本服务购买的乘坐票类可于有“5489服务”标识的本公司、JR四国、JR九州主要车站的“JR窗口(绿色窗口)”或“对号入座票自动售票机等”、JR东海主要车站的“售票处”或“对号入座票自动售票机等”(仅限含JR东海区间的预约)、以及东日本旅客铁道株式会社(以下称为“JR东日本”)部分服务中心(首都圈内JR东日本旅行服务中心。含JR东海区间的预约除外),按照本公司另行规定的方式办理取票。但是,第5条第1款第8项规定的“另外规定本服务提供的特别企划乘坐票”取票方式刊载于网站。

2 根据前款办理取票时,若选择“信用卡结算”则需出示在预约等操作时输入信用卡卡号的信用卡、互联网终端设备画面或通过电子邮件回复的“预订编号”或“取票用QR码”。此外,通过对号入座票自动售票机等办理取票时,则除前述规定外,另需出示预约等操作中使用者自行输入的“认证编号”。第5条第1款第8项规定之乘坐票类,可能需出示护照。仅限使用者本人办理取票。

3 根据前前款办理取票时,若选择“车站结算”则需出示预约等操作时通过互联网终端设备画面回复的“预订编号”或“取票用QR码”、以及预约等操作时使用者自行输入的“认证编号”。第5条第1款第8项规定之乘坐票类,需要出示护照。

(乘坐票类取票时间及取票期限)
第14条 乘坐票类取票时间为上午4点30分至23点30分之间相关窗口营业时间内。对号入座票自动售票机等取票时间为上午4点30分至23点20分之间相关对号入座票自动售票机等工作时间内。
2 通过本服务购买的乘坐票类于有效期开始日当天前均可办理取票。有效期开始日次日以后无法办理取票。

(乘坐票类变更)
第15条 通过本服务购买的第5条第1款第1~7项规定之乘坐票类,根据相同预订编号预约的乘坐票类按照以下规定办理变更。以下两部分将按照第16条规定办理退票,即:由于变更人数减少时,相同预约等操作下产生的人员减少部分;以及取消相同预订编号预约的乘坐票类中部分乘坐票类时,该取消部分乘坐票类。
2 根据结算方式、乘坐票类取票前后及有无第17条规定的特惠,变更处理方法存在下述不同之处。

(1)取票前
①“信用卡结算”时
通过互联网终端设备处理。
(a)有特惠的预约
根据第18条有特惠预约的变更规定办理。
(b)无特惠的预约
相同预订编号预约的乘坐票类,针对旅客规则规定范围内且在第7条规定范围内接受办理变更的列车,仅限相同人数(大人、儿童人数)、各乘车券类相同区间、相同转乘站、相同路线、相同列车种类的情况下变更一次(含相同预订编号预约的乘坐票类中仅变更部分乘坐票类的情况)。但是,不接受变更为不指定座位(自由席)(含不指定座位(自由席)变更为不指定座位(自由席))及相同列车。此外,若在取票前办理变更后,则不接受在取票后再次办理变更。

②“车站结算”时
无法通过互联网终端设备进行变更操作。

(2)取票后
根据旅客规则规定进行处理。无论结算方式如何,均需在本公司规定的窗口办理变更。此时,若为“信用卡结算”则需出示预约等操作中使用者输入信用卡卡号的信用卡。

3 通过本服务购买的第5条第1款第8项规定之乘坐票类变更处理,除前各款规定外,若对变更处理作出限制时,则根据相关限制规定进行处理。

4 除前述各项规定以外,根据指定信用卡及系统限制,可能对变更次数作出限制。

(乘坐票类退票)
第16条 通过本服务购买的第5条第1款第1~7项规定之乘坐票类,根据相同预订编号预约的乘坐票类按照以下规定办理退票。
2 根据乘坐票类取票前后、结算方式及有无第17条规定的特惠,退票处理方法存在下述不同之处。
(1)取票前
①“信用卡结算”时
仅限可在第7条第3款规定期限内办理的预约、且可通过互联网终端设备进行受理的预约,可利用互联网终端设备办理退票。
(a)有特惠的预约
根据第19条有特惠预约的退票规定办理。
(b)无特惠的预约
根据旅客规则规定进行处理。

②“车站结算”时
于第10条第4款规定车站办理乘坐票类取票手续后,则以下项规定进行处理。

(2)取票后
于车站窗口办理退票。选择“信用卡结算”时,需前往本公司规定的信用卡处理窗口办理退票。此时,需出示预约等操作中使用者输入信用卡卡号的信用卡。
3 退票处理、手续费等相关事宜在前款规定的基础上,以旅客规则规定为准。
4 办理退票后,选择“信用卡结算”时退款将返还至信用卡账户,不提供现金退款。选择“车站结算”时,于车站办理退票。

5 通过本服务购买的第5条第1款第8项规定之乘坐票类退款处理,除前各款规定外,若规定有限制时,则根据相关限制规定进行处理。
6 使用者与客服中心联系时,针对未办理取票的乘坐票类中,该时间点尚未到有效期的乘坐票类,将在票价中扣除规定退票手续费后退还余额。

(特惠)
第17条 通过本服务购买的第5条第1款第1~7项规定之乘坐票类中,以相同预订编号预约的全部乘坐票类,预约本公司、JR九州、JR四国地区及JR东日本的部分地区内的区间(亦包含途中路线在内)的情况下,之后的乘坐票类取票前通过互联网终端设备办理变更及退票事宜不受前2条规定,而以第18条及第19条规定为准。(以下,将该相同预订编号预约的内容称为“有特惠预约”。)

2 变更无特惠的预约时,即使变更后的区间属于有特惠预约对象,亦无法作为有特惠预约。

(有特惠预约的变更)
第18条 有特惠预约根据相同预订编号预约的乘坐票类按照以下规定办理变更。
2 根据乘坐票类取票前后,变更处理方法存在下述不同之处。
(1)取票前的变更通过互联网终端设备处理。

(2)通过互联网终端设备办理的变更,仅限变更后的预约属于有特惠预约对象、以及第5条第1款第8项(另行规定的事项除外)规定的乘坐票类时,从初次购票日至3个月后同一天的前一天(3个月后无购票日同一日时,则为3个月后的最后一天),针对可在第7条规定的范围内受理的列车,可多次变更列车、区间及座位种类等。但是,存在由于票价、费用调整等,于网站等作出另行规定的情况。
(3)通过互联网终端设备办理的变更,相同预订编号预约的乘坐票类中含两人以上预约时,不接受仅部分的列车、区间等变更。
(4)以下两部分将按照第19条规定办理退票,即:通过互联网终端设备变更时,相同预约等操作下产生的人员减少部分;以及取消第5条第1款第6项、第7项规定乘坐票类的变更。此外,“大人”、“儿童”间的变更将根据旅客规则规定,在办理退票后重新购票。此时,将根据第19条规定办理退票。
(5)通过互联网终端设备办理变更时,存在人数增加、乘坐票类增加等情况,且网站等上本公司另行规定期限时,可能不作为变更操作处理。
(6)取票前变更有特惠预约,且变更后的预约不作为有特惠预约及第5条第1款第8项(另行规定的事项除外)规定的乘坐票类对象时,以后的变更,以及取票后的变更根据第15条规定进行处理。

(有特惠预约的退票)
第19条 有特惠预约根据相同预订编号预约的乘坐票类按照以下规定办理退票。
2 根据乘坐票类取票前后,退票处理方法存在下述不同之处。
(1)取票前的退票通过互联网终端设备处理。

(2)针对可在第7条规定的范围内进行受理的预约,通过互联网终端设备办理退票。此时,第5条第1款1~5项相关退票手续费,无论购票张数均按照每人处理,另行作出规定。同条同款第6项及第7项则以旅客规则规定为准。
(3)取票后,根据第16条规定办理退票。

(列车不能运行、延迟等时的处理)
第20条 列车不能运行、延迟等情况时,可能免费办理通过本服务购买的乘坐票类退票手续。列车不能运行时,无需使用者自行办理预约车票的退票、出票等操作,将在第二天以后免费办理乘坐票类退票手续,并通过邮件发送通知。此外,通知根据第2条规定发送。但是,无论列车运行状况如何,使用者自行通过互联网进行退票操作时,将在收取手续费后办理退票。此外,列车发生延迟等情况时,需前往本公司规定的车站窗口申请、或通过邮件联系客服中心。

(系统故障处理)
第21条 需前往本公司规定的车站窗口申请、或通过邮件联系客服中心。通过本服务购买的乘坐票类,由于系统故障导致无法办理取票时,可能需重新支付票价及费用购买乘坐票类。

(服务中止)
第22条 本公司将通过互联网公布维护等导致的系统停运时间。但是,发生不得已之事由时则不在此限。
2 本公司可能在不通知使用者的情况下,变更、新增、中止或废止本服务的部分或全部。

(服务利用环境等)
第23条 使用者应自行承担责任及费用,安装并使用本服务所需的合理设备、软件等(以下称为“使用设备等”)。
2 根据使用设备等机型、浏览器、版本等不同,可能出现本服务功能无法正常运行的情况。
3 由于使用设备等导致本服务功能无法正常运行、及其所产生的影响,本公司概不负责。
4 使用者在进行预约等操作时连接互联网、及使用者通过指定电子邮箱接收本公司发送的电子邮件、使用邮件等联系客服中心过程中所发生的通信费等所需费用,均由使用者自行负担。

(信用卡拒付)
第24条 使用者用于进行“信用卡结算”的信用卡已超过可用额度等、或因某种理由遭到信用卡公司拒付时,无法在本服务中使用“信用卡结算”。

(使用者信息的使用)
第25条 本公司将使用者信息及通过本服务获取的使用者相关信息(购票记录、服务器通信记录、本服务所需追加信息(邮箱地址等))用于提供本服务及相关服务。
2 本公司为提供本服务,可能向JR九州、JR四国、JR东海及JR东日本公开前款规定的使用者相关信息,且使用者同意提供相关信息。


3 除前各款规定外,根据网站等刊载的隐私政策规定处理第1款规定之使用者相关信息。

(使用者义务)
第26条 使用者在使用本服务时,除网站等刊载之隐私政策规定事项外,同时应遵守下述事项。
(1)使用者在使用本服务时,应遵守法令、互联网使用通用规范及技术规则规定。

(2)本服务相关使用者不得存在以下行为,即:可能对第三方造成困扰、不利的行为;可能对本服务造成障碍的行为;可能违反法令以及本条款等的行为等。
(3)使用者使用本服务购买的部分或全部乘坐票类,无论直接、间接,不得为了盈利而尝试或执行转售或变现等行为。(含旅行业法规定的交易行为。)
(4)使用者不得以转售或变现为目的使用本条款规定的服务,以超过正常范围的数量或频率来购买部分或全部非自用乘坐票类。
(5)使用者应遵守本条款规定事项,不得存在本公司判断为不正当的行为。
2 使用者未履行前款规定义务时,本公司可在不进行事先通知的情况下,立即中断该预约资格、亦或取消以后预约的资格。此外,使用者在使用申请未被许可亦或中断、取消、丧失资格后,使用本服务或购买商品相关合同成立时,该使用者应同意承担购买该商品相关合同附带的所有债务。

(使用者责任、本公司免责等)
第27条 无论是否属于使用者本人行为或有无过失,使用者针对使用本服务过程中通过自身认证编号进行的所有行为及结果承担全部责任,对第三方造成损害时,则应自行负责并承担费用解决与该第三方之间的争议。
2 本公司、JR九州、JR四国、JR东海及JR东日本针对本服务,除网站等刊载之隐私政策规定事项外,就符合下述项目的事宜概不负责。
(1)使用者违反本条款、各服务条款、合同及法令等规定时

(2)由于使用者信息内容与事实不符(含误记、漏记等)导致使用者或第三方蒙受的损失。
(3)由于本公司中断、变更、结束本服务(含系统)等或限制使用者访问本服务导致使用者或第三方蒙受的损失。
(4)由于使用者使用设备等机型、浏览器及版本等环境设置、通信状况等存在某些问题,导致使用者或第三方蒙受的损失。
(5)由于咨询处地址及受理时间等变更、咨询语言应对及咨询回复所需时间,导致使用者或第三方蒙受的损失。
(6)虽然本公司已采取必要的安全对策,但因通信线路遭到窃听等导致认证编号等其他交易信息泄漏而令使用者或第三方蒙受的损失。
(7)虽然本公司已采取必要对策,但因本公司发送的电子邮件中附带无法查杀病毒、或本公司发出的电子邮件中,虽然本公司认为内容大小符合正常发送容量,但最终超出了使用者所使用设备接收容量的邮件导致使用者或第三方蒙受的损失。

(8)其他本公司已经十分注意,但由于本服务导致使用者或第三方蒙受的损失。
3 使用者违反本条款规定,导致本公司、JR九州、JR四国、JR东海及JR东日本蒙受损失时,本公司、JR九州、JR四国、JR东海及JR东日本可就所蒙受的全部损失向该使用者索赔,且该使用者应配合作出赔偿。
4 使用者同意合作企业等所提供的服务及商品相关含瑕疵担保责任在内的全部法律责任均由该合作企业等承担,且本公司对此概不负责。

(权利归属)
第28条
构成本服务的全部程序、软件、服务、手续、商标及商号,以及本服务所提供的服务等及附随的所有技术相关权利,归属于本公司及合作企业等所有,使用者不得从事侵害上述权利的任何行为。

(本条款变更)
第29条 本公司可在不事先通知使用者的情况下,根据需要对本条款内容作出变更。内容变更后,仅限变更后的内容有效。本条款作出变更时,以使用者在本条款变更后使用本服务或附带服务、亦或本公司向使用者发送通知完成之日,视为使用者同意变更后的本条款内容。
2 针对因前款变更导致使用者或第三方蒙受的损失,本公司、JR九州、JR四国、JR东海及JR东日本概不负责。

(合意管辖法院)
第30条 本条款及本服务相关所有纷争(含法院调停程序)以大阪地方法院为一审专属合意管辖法院。

(准据法)
第31条 本条款解释、适用均以日本法律为准据法。

對中文(繁體)的運送條件若有疑義,應以日文運送條件為準據。


JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATIONに関する規約

西日本旅客鉄道株式会社(以下「当社」といいます)は、当社が運営するJR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION(以下「本サービス」といいます)の利用について、以下のとおり「JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATIONに関する規約」(以下「本規約」といいます)を定めます。

(本規約の効力)
第1条 本規約は、本サービスの利用について当社と利用者に適用されるものとします。2 利用者は、本サービスを利用するにあたり、本規約を遵守するものとします。
3 利用者が本サービスにより購入した乗車券類の効力等は、本規約に定める事項を除いて、別に定めるものによります。なお、本サービスの内容について、本規約に定めのない事項については、JRおでかけネットまたはJR西日本ホームページ等(以下、「ホームページ等」といいます)に掲示するものとします。
(注)別に定めるものの主なものには、旅客営業規則((昭和62年4月西日本旅客鉄道株式会社公告第3号)以下「旅客規則」といいます)があり、ホームページ等に掲示しています。

(通知および同意の方法)
第2条 当社から利用者への本サービスに関する通知(規約の改訂、サービスの追加、変更および廃止等を含みます。以下同じ)は、当社からの電子メールの送信、ホームページ等への掲示により行われるものとします。
2 前項の通知が電子メールで行われる場合、通知する時点で利用者が指定している電子メールアドレスに宛てたメールがメールサーバに到着した時点をもって通知が完了したものとみなします。
3 第1項の通知がホームページ等への掲示によって行われる場合、当該通知がホームページ等または本サービスのサイト上に掲示された時点をもって通知が完了したものとみなします。
4 第2項において、通知する時点で利用者が指定している情報が不正確であった場合は、通常通知が到達すべき時点または当該通知がホームページ等もしくは本サービスのサイト上に掲示された時点をもって通知が完了したものとみなします。
5 第1項の通知は、通知が完了した日をもって、利用者が同通知に同意したものとみなします。

(時刻および通貨)
第3条 本規約および本サービスにおける年月日および時間は日本における標準時間を基準とし、金額の表示に用いる通貨は日本円とします。
2 本サービスにおける運送契約の締結、変更、解約に伴うクレジット決済にかかる為替レート、その換算日およびクレジットカード会社所定の為替手数料等は利用者とクレジットカード会社間の契約によるものとします。

(JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION )
第4条 本サービスは、利用者がインターネットによる申込みによって、第5条に規定する乗車券類を購入・変更・払いもどし(以下「予約等操作」といいます)ができるサービスです。

(予約等操作の対象となる乗車券類)
第5条 本サービスにより予約等操作のできる乗車券類は、サイト上でご案内している列車、区間、経路、座席種別等の範囲内で、以下の種類があります。
(1)指定席特急券
(2)自由席特急券
(3)グリーン券
(4)普通急行券
(5)座席指定券
(6)片道乗車券
(7)往復乗車券
(8)本サービスで取扱うと別に定めた特別企画乗車券
(注1)「片道乗車券」「往復乗車券」については、第1号~第5号の乗車券類を購入する際のオプションとしてのみ購入可能で、単独での購入はできません。
(注2)第8号については、「片道乗車券」または「往復乗車券」と同時に購入する必要がある場合があります。
2 前項に定める乗車券類のうち、第8号については、条件により購入、利用を限定する場合があり、条件については、別に定めます。
3 前各項の規定に加えて、次の各号に該当する場合は、予約等操作の取扱いはできません。
(1)1度の予約等操作でおとな・こどもをあわせて6人を超える申込みをする場合
(2)1度の予約等操作で4個を超える列車の申込みをする場合(新幹線や在来線において2個以上の列車を乗り継ぐ場合に1個列車として料金を計算する場合もそれぞれを1個列車として計算します)
(3)割引証の提出が必要な乗車券類を購入する場合(ただし、第10条第4項に定める「駅決済」、かつ第13条に定める乗車券類の受取を当社の駅で行う乗車券類について、取扱い可能な場合があります)
(4)予約している座席を確保したままの区間の変更または一部行程の変更を行う場合
(5)指定券自動発売機または指定席券売機(以下、総称して「指定券自動発売機等」といいます)により発売できない乗車券類を購入する場合
(6)サイト上の「予約条件」でご案内している列車、区間、経路、座席種別等の取扱い条件の範囲外となる予約を行う場合

(予約等操作の方法)
第6条 本サービスによる予約等操作の方法は、ホームページ等において、当社が指定した方法によります。

(予約等操作の受付期間)
第7条 本サービスによる購入の申込み受付期間は、ご希望の列車(自由席を含みます。以下同じ)の乗車日1箇月前の日の午前10時から検索した行程の一番初めの列車の時刻表記載の発車時刻(以下「発車時刻」といいます)6分前までです。
2 本サービスによる変更の申込み受付期間は、前項に加えて、同一予約番号で予約された乗車券類のうち、指定席(グリーン車を含みます)を含む予約の場合は、予約した指定席の列車の中で一番初めに発車する列車の発車時刻までとなります。全て自由席の予約の場合は、有効期間開始日当日までとなります。
3 本サービスによる払いもどしの申込み受付期間は、同一予約番号で予約された乗車券類のうち、指定席(グリーン車を含みます)を含む予約の場合は、予約した指定席の列車の中で一番初めに発車する列車の発車時刻までとなります。全て自由席の予約の場合は、有効期間開始日当日までとなります。
4 予約等操作における申込みおよびその取消は操作完了をもって申込みとし、操作途中は申込みではありません。
5 第5条第1項第8号により前各項に加えて制限のある場合は、それに従うものとします。

(予約等操作の受付時間)
第8条 本サービスによる予約等操作の申込み受付時間は、前条に定める期間内において、メンテナンス等のためのシステム停止時間を除き、午前5時30分から23時30分までです。

(予約等操作の申込みに対する回答および回答時間)
第9条 利用者の予約等操作の申込みに対して当社からの回答は、インターネット端末の画面上または電子メールにて行います。
2 予約等操作の申込みに対する回答に際しては、決済内容および「予約番号」等をお知らせします。
3 利用者は、予約等操作の申込み後、当社からの回答が得られない場合は、当社サポートセンター(以下「サポートセンター」といいます)までメールにて問い合わせをし、サポートセンターの指示に応じるものとします。
(注1)サポートセンターへの問い合わせ言語は英語とします。
(注2)サポートセンターへの問い合わせはメールでのみの受付となり、回答に時間を要します。
4 予約等操作の申込みに対する回答時間は午前5時30分から23時30分までです。ただし、メンテナンス等のためのシステム停止時間は除きます。

(支払手段)
第10条 本サービスにおける支払手段は、利用者がインターネットでの列車申込時にクレジットカード番号を入力のうえ、当社が指定する支払方法にて決済を行う方法(以下「クレジット決済」といいます)、インターネットでの列車の申込完了後、別に定める期限までに駅で決済する方法(以下「駅決済」といいます)があります。
(注1)「駅決済」の場合、指定席を含む予約は取扱いません。
(注2)「駅決済」の場合、第13条に定める乗車券類の受取方法に制限があります。
2 「クレジット決済」の場合、利用者は購入・変更の都度、クレジットカード番号およびセキュリティコードの入力が必要です。
その際に使用できるクレジットカードは、次の各号に定める表示のあるカードで、利用者本人名義のものに限り、クレジットカードの使用については各カード会社が定める規約等に従うものとします。
(1)JCB
(2)UFJ
(3)MUFG CARD
(4)AMERICAN EXPRESS
(5)VISA
(6)UC
(7)MasterCard
(8)Diners Club
(9)DC
(注)「JRカード」または「J-WEST CARD」で上記の表示があるカードは使用できます。ただし、上記表示会社のクレジットカードとして取扱います。
3 「クレジット決済」の場合、利用者はインターネットでの列車申込み時に当該支払手段を選択のうえ予約等操作が完了した際には、ご指定のクレジットカードにより当社が指定する支払方法にて決済を行います。
4 「駅決済」の場合、利用者はインターネットでの列車申込み時に当該支払手段を選択のうえ、別に定める期限までに、当社、四国旅客鉄道株式会社(以下「JR四国」といいます)、九州旅客鉄道株式会社(以下「JR九州」といいます)の主な駅の「みどりの窓口」または「指定券自動発売機等」、東海旅客鉄道株式会社(以下「JR東海」といいます)の主な駅の「きっぷうりば」または「指定券自動発売機等」(JR東海区間を含む予約に限ります)で決済を行います。
なお、指定券自動発売機等で決済を行う場合は、現金による取扱いに限ります。
5 取扱いする商品、予約されるエリア、期間、その他各種条件等によって、支払手段を限定する場合があります。
6 支払手段の変更について、「駅決済」から「クレジット決済」への変更はできません。

(契約の成立等)
第11条 本サービスの利用者の予約等操作の申込みにおける、利用者と当社間の運送契約の成立については、以下の時点とします。
(1)「クレジット決済」時は、インターネット端末の画面で予約等が完了した旨を表示した時点、または利用者が指定した電子メールアドレスのメールサーバに決済内容および「予約番号」等をお知らせした電子メールが到着した時点のいずれかの場合。
(2)「駅決済」時は、利用者が駅で決済後第13条の定めにより乗車券類を受取った時点。
2 前項において、利用者の指定した電子メールアドレスが不正確であった場合、またはメールサーバ障害が発生していた場合、このために電子メールの到着が遅れ、または到着しなくとも、当社は通常に到着すべきときに到着したものとみなします。
3 利用者がインターネットでの列車申込み後、第1項第2号で予約した予約において、別に定めた期限までに運送契約が成立しなかった場合、当社は予告なしに当該予約を取り消しします。

(契約成立後の乗車券類の取扱い)
第12条 利用者が本サービスにより購入、変更した乗車券類は、第13条に定める方法により必ず予約した列車の発車時刻までに受け取ってから使用することとします。

(乗車券類の受取方法)
第13条 本サービスにより購入した乗車券類は、「5489サービス」表示のある当社、JR四国、JR九州の主な駅の「みどりの窓口」または「指定券自動発売機等」、JR東海の主な駅の「きっぷうりば」または「指定券自動券売機」(JR東海区間を含む予約に限ります)、および東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」といいます)の一部サービスセンター(首都圏内のJR EAST Travel Service Centersをいいます。なお、JR東海区間を含む予約を除きます)で当社が別に定める方法により受取りできます。ただし、第5条第1項第8号に定める「本サービスで取扱うと別に定めた特別企画乗車券」の受取方法については、ホームページ等に掲示します。
2 前項による受取りを行う際、「クレジット決済」の場合は、予約等操作時にクレジットカード番号を入力したクレジットカード、およびインターネット端末の画面または電子メールにより回答した「予約番号」または「受取用QRコード」が必要です。また、指定券自動発売機等による受取りの場合は、前述に加えて予約等操作時に利用者自身が入力した「認証番号」が必要です。なお、第5条第1項第8号に定める乗車券類の場合は、パスポートが必要な場合があります。受取りは利用者本人に限ります。
3 前々項による受取りを行う際、「駅決済」の場合は、予約等操作時にインターネット端末の画面により回答した「予約番号」または「受取用QRコード」、および予約等操作時に利用者自身が入力した「認証番号」が必要です。なお、第5条第1項第8号に定める乗車券類の場合は、パスポートも必要です。

(乗車券類の受取時間および受取期間)
第14条 乗車券類の受取時間は、午前4時30分から23時30分の間の当該窓口の営業時間内です。なお、指定券自動発売機等での受取りの場合は午前4時30分から23時20分の間の当該指定券自動発売機等の稼動時間内です。
2 本サービスにより購入した乗車券類は、有効期間開始日当日まで受取りできます。有効期間開始日の翌日以降は受取りできません。

(乗車券類の変更)
第15条 本サービスにより購入した第5条第1項第1~7号に規定する乗車券類は、同一予約番号で予約された乗車券類毎に以下の定めにより変更の取扱いを行います。ただし、変更により人数が減少する場合であって、同一予約等操作で生じる減員分について、および同一予約番号で予約された乗車券類のうち一部乗車券類を取消す場合であって、当該取消乗車券類については、第16条に定める払いもどしの取扱いとなります。
2 変更は決済方法、乗車券類の受取りの前後および第17条に定める特典の有無により、以下のとおり取扱いが異なります。
(1)受取り前
①「クレジット決済」の場合
インターネット端末で取扱います。
(ア)特典ありの予約
第18条に定める特典あり予約の変更のとおり取扱います。
(イ)特典のない予約
同一予約番号で予約された乗車券類において、旅客規則に定める範囲内かつ第7条に定める範囲内で受付可能な列車に対して、同一人員数(おとな、こどもそれぞれの人数)、乗車券類毎における同一区間、同一乗継駅、同一経路、同一列車種別となる変更に限り、1回(同一予約番号で予約された乗車券類のうち一部乗車券類のみを変更する場合も含みます)に限り取扱います。ただし、自由席への変更(自由席から自由席への変更を含みます)および同一列車への変更は取扱いません。また受取り前に変更を行った場合、受取り後に再度変更を行うことはできません。
②「駅決済」の場合
インターネット端末による変更操作はできません。
(2)受取り後
旅客規則の定めによります。決済方法にかかわらず、当社が定める窓口で取扱います。この際、「クレジット決済」の場合は予約等操作時に利用者がクレジットカード番号を入力したクレジットカードが必要です。
3 本サービスにより購入した第5条第1項第8号に規定する乗車券類の変更の取扱いについて、前各項に加えて取扱いにおける制限のある場合は、それに従うものとします。
4 前各項に加えて、ご指定のクレジットカードやシステム上の制約により、変更の回数に制限がある場合があります。

(乗車券類の払いもどし)
第16条 本サービスにより購入した第5条第1項第1~7号に規定する乗車券類は、同一予約番号で予約された乗車券類毎に以下の定めにより払いもどしの取扱いを行います。
2 払いもどしは乗車券類の受取り前後の別、決済方法および第17条に定める特典の有無により、以下のとおり、取扱いが異なります。
(1)受取り前
①「クレジット決済」の場合
第7条第3項に定める期間内で受付可能な予約かつインターネット端末で取扱いが可能な予約に対してのみ、インターネット端末で取扱います。
(ア)特典ありの予約
第19条に定める特典あり予約の払いもどしのとおり取扱います。
(イ)特典のない予約
旅客規則の定めによります。
②「駅決済」の場合
第10条第4項に定める駅で乗車券類を受取り後、次号の定めによります。
(2)受取り後
駅の窓口で取扱います。なお「クレジット決済」の場合は当社が定めるクレジットカード取扱い窓口で取扱います。この際、予約等操作時に利用者が入力したクレジットカード番号のクレジットカードが必要です。
3 払いもどしの取扱い、手数料等については、前項に加え、旅客規則の定めによります。
4 払いもどしの際の精算は、「クレジット決済」の場合クレジット口座への返金により行い、現金による取扱いはいたしません。なお、「駅決済」の場合は駅にて払いもどしいたします。
5 本サービスにより購入した第5条第1項第8号に規定する乗車券類の払いもどしの取扱いについて、前各項に加えて制限のある場合は、それに従うものとします。
6 利用者からサポートセンターへ連絡のあった場合は、未受取の乗車券類のうち、その時点において有効期間の残っている乗車券類について、発売額から別に定める払いもどし手数料を差し引いた残額を払いもどします。

(特典)
第17条 本サービスにより購入した第5条第1項第1号~7号に規定する乗車券類のうち、同一予約番号で予約された全ての乗車券類が途中経路も含め当社、JR九州、JR四国エリアおよびJR東日本の一部エリアで完結となる区間を予約する場合、以後の乗車券類受取り前のインターネット端末による変更および払いもどしは前二条によらず第18条および第19条の定めにより取扱います。(以下、該当する同一予約番号で予約された内容を「特典あり予約」といいます。)
2 特典のない予約を変更する場合、変更後の区間が特典あり予約の対象であっても特典あり予約とはなりません。

(特典あり予約の変更)
第18条 特典あり予約は、同一予約番号で予約された乗車券類毎に以下の定めにより変更の取扱いを行います。
2 変更は乗車券類の受取りの前後で、以下のとおり、取扱いが異なります。
(1)受取り前の変更は、インターネット端末で取扱います。
(2)インターネット端末による変更は、変更後の予約が特典あり予約の対象となる場合および第5条第1項第8号(別に定めるものを除きます)に規定する乗車券類となる場合に限り、初回購入日から3箇月後の同一日の前日まで(3箇月後に購入日と同一日がない場合は3箇月後の末日まで)を限度として第7条に定める範囲内で受付可能な列車に対して、列車、区間、および座席種別等を何度でも変更できます。ただし、運賃・料金改定等に伴い、ホームページ等において別に定める場合があります。
(3)インターネット端末による変更は、同一予約番号で予約された乗車券類のうち、複数人数分を予約した場合で、その一部のみの列車、区間等の変更の取扱いはできません。
(4)インターネット端末で変更する際、人数が減少する場合であって、同一予約等操作で生じる減員分について、および第5条第1項第6号、第7号に規定する乗車券類を取消す変更については、第19条に定める払いもどしの取扱いとなります。また、「おとな」「こども」間の変更については、旅客規則の定めにより、一旦払いもどしを行ったのち、新規購入することとなります。この場合の払いもどしは第19条によります。
(5)インターネット端末で変更する際、人数の増加や乗車券類の増加等の場合であって、ホームページ等において当社が別に定める期間の場合、変更操作として取扱わないことがあります。
(6)受取り前で特典あり予約を変更する場合で変更後の予約が特典あり予約および第5条第1項第8号(別に定めるものを除きます)に規定する乗車券類の対象とならない場合の以後の変更、ならびに受取り後の変更は、第15条により取扱います。

(特典あり予約の払いもどし)
第19条 特典あり予約は、同一予約番号で予約された乗車券類毎に以下の定めにより払いもどしの取扱いを行います。
2 払いもどしは乗車券類の受取りの前後で以下のとおり、取扱いが異なります。
(1)受取り前の払いもどしは、インターネット端末で取扱います。
(2)インターネット端末による払いもどしは、第7条に定める範囲内で受付可能な予約に対して行うことができます。この場合の払いもどし手数料は、第5条第1項第1~5号については、枚数にかかわらず一人あたりの取扱いとし、別に定めます。また、同条同項第6号および第7号については、旅客規則の定めによります。
(3)受取り後の払いもどしは第16条により取扱います。

(列車の運行不能・遅延等の場合の取扱い)
第20条 列車の運行不能・遅延等により、本サービスにより購入した乗車券類の無手数料払いもどしを行う場合があります。運行不能の場合は、ご予約のきっぷを利用者自身で払いもどし・発券等操作を行わないことで、翌日以降に無手数料で乗車券類を払いもどしのうえ、メール等で連絡いたします。なお、通知については第2条の定めによります。ただし、列車の運行状況にかかわらず、利用者自身でインターネットにより払いもどし操作を行った場合は、手数料を収受したうえでの払いもどしの取扱いとなります。また、列車の遅延等の場合は、当社が定める駅の窓口にお申し出いただくか、またはサポートセンターにメール連絡することとします。

(システム障害の取扱い)
第21条 当社が定める駅の窓口にお申し出いただくか、またはサポートセンターにメール連絡することとします。システム障害により、本サービスにより購入した乗車券類の受取りができない場合は、新たに運賃・料金を収受し乗車券類を購入していただく場合があります。

(サービスの中止)
第22条 当社はメンテナンス等のためのシステム停止時間については、インターネット上においてご案内するものとします。ただし、やむを得ない場合はこの限りではありません。
2 当社は、利用者に通知することなく、本サービスの一部または全部を変更、追加、中止または廃止することがあります。

(サービスの利用環境等)
第23条 利用者は、本サービスを受けるために必要となる適切な機器・ソフトウェア等(以下「利用設備等」といいます)を自らの責任と負担において設置し使用するものとします。
2 利用設備等の機種、ブラウザ、バージョン等により、本サービスの機能が正しく作動しない場合があります。
3 利用設備等により、本サービスの機能が正しく作動しない場合、およびそれがもたらす諸影響に関して、当社は一切の責任を負いません。
4 利用者が予約等操作を行う際のインターネットへの接続および利用者が指定した電子メールアドレスに対して当社から電子メールが送信される際に伴う受信、サポートセンターへのメール連絡等に生じる通信費等、必要な費用については、利用者が自らの責任において負担するものとします。

(クレジットカードの利用拒否)
第24条 利用者が「クレジット決済」に使用するクレジットカードが、既に利用限度額を超えて使用している場合等、何らかの理由によりクレジットカード会社から拒否された場合は、本サービスで「クレジット決済」を利用することはできません。

(利用者情報の使用)
第25条 当社は、利用者情報および本サービスを利用者が利用する過程において知り得た利用者に関する情報(購入履歴およびサーバー通信履歴や、本サービスに必要な追加的情報(電子メールアドレス等))を、本サービスおよび関連サービス提供のために使用します。
2 当社は、前項に規定する利用者に関する情報については、本サービス提供のため、JR九州、JR四国、JR東海およびJR東日本へ提供する場合があり、利用者はこれに同意します。
3 前各項に加え、第1項に規定する利用者に関する情報は、ホームページ等に掲載しているプライバシーポリシーの定めるところにより取扱います。

(利用者の義務)
第26条 利用者は本サービスの利用にあたり、ホームページ等に掲載しているプライバシーポリシーに定める事項に加え、以下の項目について遵守するものとします。
(1)利用者は本サービスを利用する際に、法令、インターネット利用の一般的なマナーおよび技術的ルールを遵守します。
(2)利用者は、本サービスに関連して当社または第三者に迷惑、不利益を与える恐れのある行為、本サービスに支障をきたす恐れのある行為、法令・本規約等に違反する恐れのある行為等を行ってはいけません。
(3)利用者は、本サービスを利用して購入した乗車券類の一部または全部を、直接的・間接的を問わず、営利目的で転売または換金等行為を試みたり、または実行したりしてはいけません。(旅行業法に定める取次行為を含みます。)
(4)利用者は、その一部または全部を自らは使用せず、転売または換金等の目的において、相当と認められる数量または頻度を超えて、本規約に定めるサービスを利用して乗車券類を購入してはいけません。
(5)利用者は、本規約に定める事項を遵守し、また当社が不適切と判断する行為を行ってはいけません。
2 利用者が前項に定めた義務を果たさない場合、当社は事前に通知することなく、直ちに当該予約の資格を中断または将来に向かって取消すことができるものとします。なお、利用者は、利用申込の不承認、又は資格の中断・取消・喪失がなされた場合であって、本サービスの利用又は商品の購入に係る契約が有効に成立しているときには、当該利用者は、当該商品の購入に係る契約に関する一切の債務を負担することを承諾するものとします。

(利用者の責任、当社の免責等)
第27条 利用者は自らの行為であるか否かにかかわらず、また過失の有無にかかわらず、本サービスの利用にあたり自らの認証番号によりなされた一切の行為および結果について、一切の責任を負うものとし、第三者に損害を与えた場合、自己の責任と負担において当該第三者との紛争を解決するものとします。
2 当社、JR九州、JR四国、JR東海およびJR東日本は、本サービスに関して、ホームページ等に掲載しているプライバシーポリシーに定める事項に加え、以下の項目に該当する内容について、当社、JR九州、JR四国、JR東海およびJR東日本では一切の責任を負いません。
(1)利用者が、本規約、各サービスの規約・契約、又は法令等に違反した場合
(2)利用者情報の内容に事実と異なる内容(誤記、記入漏れ等を含む)があったことにより、利用者または第三者が被った不利益。
(3)当社が本サービス(システムを含む)の中断、変更、終了等または利用者からの本サービスへのアクセス制限を行ったことにより利用者または第三者が被った不利益。
(4)利用者の利用設備等、その機種、ブラウザおよびバージョンなどの環境設定、ならびに通信状況等に何らかの問題がある場合等に利用者または第三者が被った不利益。
(5)問い合わせ先のアドレスや受付時間等の変更、または問い合わせ言語対応や問い合わせの回答に要した時間により利用者または第三者が被った不利益。
(6)当社が相当の安全対策を講じていたにもかかわらず、通信経路において、盗聴等がなされたことにより認証番号等その他取引情報が漏洩したときに、利用者または第三者が被った不利益。
(7)当社が相当の対策を講じていたにもかかわらず、駆除できずに当社から送信された電子メールに付随していたウィルス、または当社が世間一般に送信される容量として妥当と判断したにもかかわらず、結果として利用者の使用機器の受信容量を超過した、当社から送信された電子メールにより利用者または第三者が被った不利益。
(8)その他、当社が相当の注意を払ったにもかかわらず、本サービスによって利用者または第三者が被った不利益。
3 利用者が本規約に違反して当社、JR九州、JR四国、JR東海またはJR東日本に損害を与えた場合、当社、JR九州、JR四国、JR東海またはJR東日本は被った全ての損害の賠償を当該利用者に請求し、当該利用者はこれに応じるものとします。
4 提携企業等により提供されるサービス及び商品等に関しては、瑕疵担保責任を含む一切の法的責任が当該提携企業等に帰属しており、当社はいかなる責任も負わないことに利用者は同意するものとします。

(権利の帰属)
第28条
本サービスを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続き、商標及び商号並びに本サービスにより提供されるサービス等及びそれに付随する技術全般に関する権利は、当社又は提携企業等に帰属するものであり、利用者は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。

(本規約の変更)
第29条 当社は、事前に利用者に通知することなく本規約の内容について必要に応じて変更する場合があります。内容変更後は、変更後の内容のみ有効とします。本規約を変更した場合、利用者が変更後に本サービスもしくは付帯するサービスのいずれかを利用したことをもって、または当社から利用者に通知を行う場合でその通知が完了した日をもって、利用者は変更後の本規約に同意したものとみなします。
2 当社、JR九州、JR四国、JR東海およびJR東日本は、前項の変更に起因して、利用者または第三者が被った不利益については、一切の責任を負いません。

(合意管轄裁判所)
第30条 本規約および本サービスに関する一切の紛争(裁判所の調停手続きを含む)は、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

(準拠法)
第31条 本規約の解釈、適用については日本法に準拠します。

关闭